害獣専門のプロにハクビシン駆除を依頼しよう!|野生動物ハンター

男性女性

様々な特徴

駆除

ハクビシンは漢字で「白鼻芯」と書きます。その名の通り、鼻から額にかけて白い線があるのが特徴的です。その他にも特徴としては、体長が50~70センチメートル程というところです。成獣になると大きいもので1メートル近くなります。稀に1メートルを越すハクビシンもいるようです。また、ハクビシンはネコ目ジャコウネコ科の一種です。ネコのようにしなやかな動きをしていて、体毛は灰褐色や黄褐色といった色をしています。足や頭が黒いことからタヌキにも見間違われることもあります。また、ハクビシンは足の指の本数が前後共に5本です。そのため、足の指が4本のタヌキとすぐに足あとで見分けがつきます。そんなハクビシンは日本全国に生息しています。もともとは里山に生息している野生動物なのですが、最近では山の開拓によって住処を追いやられているハクビシンは、首都圏などの住宅街にも頻繁に姿を表しています。そこで、様々な住宅の被害を発生させています。そしてハクビシンの歴史は明治時代に遡ります。元は毛皮用で持ち込まれたものが野生化したといわれています。そんなハクビシンは住宅だけに限らすに人間の身体にも様々な悪影響を及ぼします。そこで、住んでいる家に現れたらすぐにハクビシン駆除を行なっている専門業者に依頼をすると良いでしょう。ハクビシン駆除は素人ではできない作業でしょうから専門業者に相談するのが一番良いです。そこで、ハクビシン駆除を依頼する業者は害獣駆除に特化しているところが望ましいといえます。生態や動向を良くしっているのでハクビシン駆除は専門性が高い業者に依頼をすれば効果的です。